ソーシャルメディアを最大限に利用する

FacebookやTwitterなどをビジネスに活かして成功している企業も増えてきたが、こうしたソーシャルメディアを如何に活用するかについて重要性が高まってきています。

なぜなら、FacebookやTwitter等のこうしたソーシャルメディアは、情報の伝播力にすぐれ、有効に活用できれば大きなクチコミを短時間のうちに発生させることも可能だからです。

特にFacebookにおいては実名登録が原則であり、リアルに近いつながりをネット空間で実現しています。ですから、ある影響力のある人がその商品やサービスを勧めたとすると、その友達になっている人が興味を持つ可能性は高く、さらにそれをクチコミで紹介してくれることで、どんどんクチコミが拡散していきます。

ですから、うまく活用できれば、最も強力な宣伝ツールとして機能させることができるのです。

ソーシャルメディア活用する上での注意点

よく、芸能人ブログなどで不適切な発言で炎上したというニュースがありますが、企業がソーシャルメディアを利用する上では、発信する情報や発言に注意する必要があります。不用意に発言を流してしまうと、それが悪評として一気に拡散してしまう可能性があるからです。

また、よく勘違いされますが、利用すれば簡単に活用できると思わないことです。活用するためには、そこで発信する情報を見てもらえる人を増やす必要がありますので、ファンを増やしていく仕組みづくりと地道な活動が必要になります。

本気で活用するつもりで取り組まないと、時間の無駄になることも多いので、どのような形で活用できるのかを検討し、ファンづくりの仕組みを戦略的に考えておくようにしましょう。

取り組むべきソーシャルサービス

これから取り組むとするならば、FacebookとGoogle+がオススメです。Twitterは、フォロワーがせめて1万人以上はほしいとろこですが、そのためにはかなりの時間と労力が必要になります。自動的にフォロワーを増やすための便利なアプリケーションなどもありますが、それらを利用してもかなり時間を要します。

FacebookやGoogle+、Twitterなどのソーシャルサービスは、これらの活用によって検索順位にも影響が出るようになっています。こうしたソーシャルメディアの情報伝播力を検索エンジンが無視できなくなった為です。これらのサービスの中でクチコミされたURLが多くなれば、短期的に検索エンジンの上位に表示させることが可能にもなるのです。

ホームページの各ページやブログなどにも、こうしたソーシャルサービスのボタンやプラグインを表示して、クチコミが集まりやすいように構成していきましょう。

このページトップへ

【PR】

  • 医院のSEO対策のことなら、クリニックSEOプロへ。専門で高度なノウハウを提供します。