WEB広告を考える上での注意事項

WEBマーケティングというと、すぐにリスティング広告やターゲッティング広告を思い浮かべられるかもしれません。手軽に始められるという点では確かにそうです。しかし、ターゲットが多く集まるサイトを探して自分で直接広告掲載を交渉することも有効な手段ですし、アフィリエイトに広告主として出稿するなどの方法が有効な場合もあります。

ターゲットがかなり限定されていて、そのターゲットが多く集まる人気サイトがあれば、直接交渉することで安あがりに広告を出せる可能性もあります。

また、リスティング広告の場合は、様々なパターンの広告文を用意しておきます。そして、どのアプローチの仕方が有効なのかをリサーチするというわけです。有効なアプローチの仕方がわかれば、サイトの表現の仕方も改善できます。

戦略的にWEBマーケティングしよう

上記のように、広告一つをとっても様々な方法があります。どんな商品・サービスでも同じように広告して同じような効果が得られるわけではありません。

商品やサービスの内容によって、広告しても効果が得にくいものもあれば、広告が効果的なものもあります。さらに、広告が適している商品・サービスでも、リスティングが良いケースもあれば、ターゲッティング広告が効果的な場合、アフィリエイトが有効なケースもあります。

更に、マーケティングとは広告だけをいうわけではありません。TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを使って自分でプロモーションもできるわけです。

以上のことを考慮し、一つ一つの商品・サービスについて、どのような形でマーケティングを行うのが良いかを検討し、戦略を立てる必要があるのです。

このページトップへ

【PR】